国際郵便 代行業者と店舗直での荷物の状態の違い

中国輸入では、「Aliexpress」や「Alibaba.com」を利用した店舗から直接購入、店舗(店舗倉庫)からの発送の場合と、このサイトで紹介している「阿里巴巴(1688) アリババ」や「淘宝網(タオバオ)」を輸入代行業者を利用し購入、代行業者が発送の場合の2種類があります。

今回はこの2種類の発送による到着後の荷物の状態を比較したいと思います。

「Aliexpress」や「Alibaba.com」からの発送

「Aliexpress」や「Alibaba.com」で購入・発送された場合は配送方法は「YunExpress」「Aliexpress Shipping」「YUNWEN」「SUNYOU」「Fedex」「DHL」など様々な方法で発送されます。

また、中国から直接日本にくるのではなく、シンガポール経由や台湾経由で到着することが非常に多くあります。

発送から到着までの時間は、「Fedex」「DHL」は5〜7日間程度、その他の配送方法は2週間から1ヶ月、時間がかかる時で2ヶ月程度かかります。

シンガポールや台湾を経由する場合

中国から発送されシンガポールや台湾を経由する場合、国際郵便で追跡可能な追跡番号、シンガポールの場合は「SG」台湾の場合は「TW」で終わる番号が到着まで不明な場合があります。その場合は、それぞれの配送キャリアのサイトで追跡する必要があります。

輸入代行業者ラクマートからの発送

輸入代行業者ラクマートを利用して購入した商品の発送は

  • EMS
  • OCS
  • 電子特殊便
  • EMS船便
  • 高速船便
  • FBA新幹線

などから選択可能です。また、ラクマートにお任せすることも可能です。
追跡番号は「CN」で始まる中国発→日本着番号が付与されるので国際郵便として追跡可能です。
お任せした場合は、価格の安いEMSが利用されることが多いようです。

EMSの場合、航空便だと5日程度、船便だと2週間から1ヶ月かかります。

荷物の梱包状態・商品状態の違い

荷物の梱包の状態にも大きな違いがあります。「Aliexpress」や「Alibaba.com」で購入し、店舗(または店舗の倉庫)から発送された商品は簡易包装の場合が非常多く、化粧箱などに入った商品は箱が潰れていることもよくあります。

ただ「Aliexpress」や「Alibaba.com」で購入した場合、送料が非常に安い(無料のもの多数あり)のも魅力です。

それと比べ輸入代行業者を通した場合は、代行業者が梱包してくれるので非常に丁寧で商品の状態も良い場合がほとんどです。

こちらは荷物の大きさや重量にもよりますが送料が2,000円〜3,000円かかってしまいます。

どちらがお勧めか?

小ロット(1〜20個程度)、箱などの破損がないような商品であれば「Aliexpress」や「Alibaba.com」がお勧めです。

ある程度のロットの購入(50個程度)で破損の恐れのある商品、化粧箱に入っている商品は輸入代行業者がお勧めです。

上記に加えて価格の比較なども行いより良い方を選ぶのがいいと思います。

created by Rinker
アジア最大のインターネットショッピングモールが中国にある! それが、「タオバオ」「アリババ」「アリエクスプレス」です。こちらの著書は、各サイトの使いこなし方だけに留まらず、中国輸入で最大限の利益を出すための真髄や、関係者だからこそ知る裏側の話までを中国輸入の第一人者であり数々の著書を出版している山口裕一郎氏、現役でタオバオ代行会社の社長を務める小笠原満氏が惜しみなく解説します。
created by Rinker
あなたも中国輸入とメルカリを組み合わせて月30万円を稼いでみませんか? 本書は、メルカリを始めてたった半年で1ヶ月の利益120万円を実現した著者による、メルカリ転売の解説書です。初心者でも扱いやすいノーブランド品を中国から仕入れて、なるべく高利益で販売する方法をお教えします。メルカリで売れそうな品のリサーチ、仕入れ代行業者の選定、売上を伸ばすためのコツ、発送方法、トラブル対処までていねいに解説します。